♪ とん とん とん ♪

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--. --. --. (--)] - スポンサー広告 - | コメント(-) | トラックバック(-)

ゴムホースの原理 

ゴムホースの原理って知ってますか?
私の大好きな作家に宮本輝さんがいるんですが、彼の作品のどこかに出て来たお話なんです。
作品の名前は忘れてしまったんですが。。。

で、どんな話かというと、img084.jpg
ゴムホースって使うと芝生とか土とかゴミが中に入って汚れますよね。
使い続けていると、それらがどんどん入って詰まってしまいます。
そのときに水を出すと、どんどん汚れが押し出されて集まってきます。状況はどんどん悪くなるように見える。ホースの中は水がゴミにせき止められてどんどん溜まっていく。
でも、水を出し続けると、ある時、「ポン!!」って全部吐き出されて、ホースの中はきれいな状態になる。

すべてのことにも当てはまるんじゃないかって。
辛いことがいっぱいあったり、病気になったり、大きな壁に向き合うことになった時。
どんどん状況が悪くなっていると感じても、それはきっと最後の「ポン!」ってきれいになるための苦しみ。
どんどん水を流していけば、ちゃんとしっかり努力していけば、いつかホースの中のゴミは溜まりきり、堪え切れなくなって、すべて吐き出される。
それと同じように、新しい状況が見えてくる。

たしか、そういうお話だったと思います。というか、そう捉えています。
何か嫌なことがあっても、ゴムホースの原理を思い出すんです。
どんどん状況が悪くなるのは、これからものすごい好転があるからだ!!って。

ゴムホースの原理、なんかいいでしょ?
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。