♪ とん とん とん ♪

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--. --. --. (--)] - スポンサー広告 - | コメント(-) | トラックバック(-)

絵本の記憶 

先日、本屋さんに行ったついでに、次の日友達とその娘が来るので何か絵本を買おうと絵本売り場に行きました。
地元の小さな本屋さんなのでメジャーな物しか置いてませんが、まだ1歳半なのでくっきりした絵のやつがいいのかな~。とか言いながら母とこれでもない、あれでもない、と話しながら探していました。

すると、一冊の懐かしい本を発見!!
それがこれ↓↓
めっきらもっきらどおんどん (こどものとも傑作集)めっきらもっきらどおんどん (こどものとも傑作集) (1990/04)
長谷川 摂子ふりや なな

商品詳細を見る

もう大好きで大好きで何度も見た覚えがあります。
私が預けられていた保育園で毎月本を買わされていたそうで、これはその中の1冊だったそうです。ということは2歳の時の記憶。。。すげぇ。。。


お話としてはあるとき神社に行った少年が3人のお化けに出会い、彼らの世界で楽しく遊んでいたんだけど、帰りたくなり、そう思った瞬間に目が覚め、夢でした!!って言ういたってシンプルな話なんですが。

私は何がそんなに好きだったんだろうって考えながら、25年ぶりに手にした本をめくっていました。
最初はタイトルの「めっきらもっきら」って変な音が好きだったのかもね。と母と話していたんですが、ページをめくるごとに「この絵すごいおぼえてる!!」とか、「この場面の絵が好きだったの!」などお話自体が好きだったんじゃなくて、絵が好きだったんだ!!ってことに気づきました。
ずっと不思議で分からなかった絵の部分を今見ると「あ、これお餅だったんだ。」と思ったり。細部まできちんと覚えてた。

今、私は本が好きだけど、読むのは小学生ペース。頑張ってるけどこれは変わらないようです。時間がもったいないけど本を読むことは好き。でもそれも二十歳前くらいからでした。
それまでは、まったく本を読まない子供で、漫画も1冊1時間かかる変な子でした。今もだけど。
兄は全く逆で、本が大好きで文庫本1冊なら3時間で読んでしまう。(それが標準なのかな?)子供の時も母に「これ読んで~!!」とよく本を持ってきたそうです。
私はそれがほとんどなかったそうです。読むのはもっぱら絵本で(笑)その絵を納得するまでそのページを凝視して、それから次のページ。だからおそらく母はいらなかったんでしょうね。笑

そんな変な子rucchiのお気に入りの一つに「ふりむけばねこ (小さな絵本美術館)」という絵本があります。
030342.jpg
   「傘屋さんにもネコがいて、時計屋さんにもネコがいて、
    煙草屋さんにもネコがいて。。。。。振り向けば、そこは猫町マタタビ通り。」
ただそれだけのお話。今思うとめちゃくちゃシュール!!
子供はこういうものに食いつくんですねぇ。てか、私は。

昭和な街並みを木版画で描いた作品です。保育園の園長さんは銅版画家だったそうで、こういう素敵な本をたくさん教えてくれたんだなって感謝しています。
よく母と○〇屋さんにもネコがいて、△△屋さんにもネコがいて。。。最後に「ここは猫町マタタビ通り。」ってつけて歌うように話してたのを思い出します。
この本はまさに「絵が好き!!」の本でした。
優しくて、でもちょっと物悲しいような感じを覚えています。

でもこれらの本、まったく手元に残っていないんです。知らぬ間に処分されていたようです。残念。。。
それでも久しぶりに再会した絵本たちを見ているとそのときの記憶はしっかり思い出されるんですね。
どれだけわくわくしてそのページに見入っていたのか、何が解せなかったのか、何が大好きだったのか。。。

結局この日、友達の子にあげる本を選ぶことはできませんでした。昔の記憶に浸り過ぎて。
それで諦めて絵本売り場から振り向くと、そこに下の本が。
ぼくのだいすきなケニアの村
ぼくのだいすきなケニアの村 (2007/04)
ケリー・クネイン    商品詳細を見る

もう絵を見た瞬間、ほしい♡と思い、手にとってめくり始めると、やばい!!ステキすぎる!!
1500円。。絵本て高いよね。。と思い諦めつつ、母に見せると母ハマる。
自ら買ってました!!ナイス母!!
家に帰って読んでみるとびっくりな展開などはな、くケニアのある村のごく普通の一日のお話。
でも、とにかく絵がすてきだったので是非店頭で見てみてほしいです。
ちなみになんかの課題図書になってました。絵本が課題図書になるなんて。。。ゆとり教育??

今はヤン・クドゥラーチェクの絵本が欲しいのですが、プレミアついたのか、1冊5000円。。。高いっす。。。
[2008. 06. 08. (Sun)] - 思うこと - | CM(10) | TB(0)
ハイサイ!
絵本の記事にさっそく飛びついてきました。
めっきらもっきら どおん どん
ふりむけばねこ
ぼくのだいすきなケニアの村
どれも味のある絵だし、rucchiさんのエピソードのおかげで益々興味津々、さっそくほしいものとして象の耳に入れようと思います!
良い絵本に出会うと、気分が安らぎ、心地いい満足度がありますよね。
これからも、♪とんとんとん♪の絵本のページには、すぐに飛びつきます!!笑
[ 2008/06/08 17:31 ] bikourui2 [ 編集 ]
rucchiさん、こんばんは。
ストーリーももちろん大切ですが、絵に引き寄せられる感じ、なんとなく分かります。
私も昔通っていた幼稚園で、毎月絵本を買わされていたので、
実家へ帰るといまだに無数の薄っぺらな絵本が本棚に並んでいます。

今度帰省したとき、読んでみようかな?と思わされました。
[ 2008/06/08 19:11 ] いちご [ 編集 ]
bikourui2さん
ハイサイ!!
象の耳、拝見させていただいてます♪
bikourui2さんの好きな物、私も興味があるものが多くて、こっそり(?)rucchiの本棚にも入れてます。笑
絵本はすごいものですよね。しっかりと幼い脳みそに刻み込まれて、いまでもそれがくっきりと蘇るなんて、他にそんなもの無いかもしれません。
bikourui2さんが絵本を描いたら面白そうなのに。なんて思ってもいます。
良い絵本ってなかなかありそうで出会えなかったり。
記憶に残っている絵本、子供(まだ居ませんが)に見せたい絵本、どんどん探していきたいと思っています♪♪
そして、象の耳の中、要チェックさせていただきます!

いちごさん
こんばんは!!
やっぱり子供は絵に魅せられているんですよね。
そう、薄っぺらな本でした!!今ではきっちり製本したものになっていて、ちょっとびっくりでした。
お家にちゃんと残っているんですねぇ!!いいなぁ。。。
面白い絵本があればぜひ教えてくださいね!!
[ 2008/06/08 20:56 ] rucchi [ 編集 ]
絵本の記憶は宝物ですよねー。
「うんこらしょ。どっこいしょ」の『ぐりとぐら』とか、トラがバターになる『ちびくろサンボ』とか、いまだにそのシーンが浮かんできます。
そんな私の最近の愛読書は、江國香織さんの『絵本を抱えて部屋のすみへ』。
知ってる絵本、知らない絵本がいろいろ出てきてとても楽しいんです。
機会があれば、ぜひ。(すでにご存知かもしれませんが。笑)
[ 2008/06/08 23:15 ] itokawa [ 編集 ]
めっきらもっきらの本、私も大好きでした。

リンクをたどってきたら、
rucchiさんの素敵な絵に出合いました。
優しい雰囲気が大好きです。
あったかい気持ちになれました。
ありがとうございます。
[ 2008/06/09 00:06 ] 名嘉暁華 [ 編集 ]
itokawaさん
はじめまして。ですよね?
何度かitokawaさんのブログにお邪魔してるので、そんな気がしないんですが。笑
トラバター!!思い出しました!!
でもワニがバターになるって覚えてました。刷り込み怖いですねぇ。。。
江國香織さんの『絵本を抱えて部屋のすみへ』。知りませんでした。面白そうですね!
今度見てみます!!
お暇なときがありましたら、またいらしてくださいね。

名嘉暁華さん
はじめまして!!
めっきらもっきら仲間に出会えてびっくりです!!
私の絵、気に入ってくださって嬉しいです。
ありがとうございますなんて、ありがとうございますm(_ _)m
お暇なときがありましたら、またいらしてくださいね。
[ 2008/06/09 00:43 ] rucchi [ 編集 ]
「めっきらもっきらどーんどん」仲間です。
子どもの保育園の時に出会って、毎晩の読み聞かせの
大切な一冊でした。
子どもたちよりわたしのほうが、はまった、感じ。
今でも、大切にとってあります。
「かくれんぼしましょ」っていうお話も大好き、です。

rucchiさんの素直なこころがあふれた、大好きなブログ。
これからも楽しく待っています。
[ 2008/06/09 11:21 ] ソフィー [ 編集 ]
お!!新世代のめっきらもっきらですね!
ハードカバーの絵本になっていて、ちょっと絵が切り取られてる気がしたんですが、気のせいかな。
絵本は大切にとっておくほうがいいですよね。高いし。i-201
「かくれんぼしましょ」見てみます。知ってるかな?
またお暇なときがありましたら、またいらしてくださいね。
[ 2008/06/09 13:45 ] rucchi [ 編集 ]
めっきらもっきら、残念、読んだことないです!
でも、気になる音の響きですね~(笑)

絵本って子どものためのものでありながら、
おとなが見てもすごく心惹かれたりしますよね~。
ほんやさん、行きたくなってきました。

それにしてもrucchiさん、とても小さな頃の記憶が
しっかり残っているのですね!
すごいですー(^^)
[ 2008/06/09 20:27 ] *じゅあん* [ 編集 ]
めっきらもっきら、たぶんマイナーです。
傑作集とかになっててかなりびっくり!!
本屋さんで見つけたら、是非立ち読みしてみてくださいまし♪
ほんと子供より大人が夢中になったりしますよね!最近は大人の絵本見たいの流行っているようですし。

小さいころの記憶は絵本をきっかけに蘇ったんです!!
自分でもびっくりするほどくっきりと。
きっとじゅあんさんもそういう絵本あると思いますよ♪

じゅあんさんならスクラップブック的に大人の絵本を作ってみたら、すてきな物できるだろうなぁ。って思いますが。。。
[ 2008/06/09 21:56 ] rucchi [ 編集 ]
コメント














管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。