♪ とん とん とん ♪

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--. --. --. (--)] - スポンサー広告 - | コメント(-) | トラックバック(-)

鴨居玲 見てきました! 

私の話を聞いてくれきのう、笠間日動美術館に行ってきました。
もちろん鴨居玲の絵に会うためです!!

車で数時間。。。私はすっかり寝っぱなし。 お母さんごめんね。
土曜日なので人がいっぱいいそうで不安でしたが、デパスでしっかり乗り切れました。

撮っていいとこあったら撮っちゃおうってカメラ持って~♪ 
素敵な竹林があって、よし、カメラ!!
構図を決めて~♪
ぽち。。。


???
カシャッてゆわない!!。。。メモリ入ってないじゃん!!
って、いきなり大ボケかましてしまいました。。。三脚まで持ってきたのに。。。
カメラはすっかりただの荷物に。

さぁ、それでも鴨居玲はまっててくれてます。
企画展のところに行くと、入口から見えるところに「私の話を聞いてくれ」!!
あーほんとに鴨居玲の絵を見れるんだ!!って実感してるとこに、美術館のおねいさんが
「順路はこちらでーす」
やっぱ企画展の展示室でも流れを考えていただきたい。大学の時、アートギャラリーの課題やったのを思い出す。

最初に鴨居玲の写真。
はぁ、かっこいい。。。ここで親子はただのミーハーになりました。
そして、1部屋めはだいたいデッサン。すごい。。。
迷いのない線、その勢い。 紙にめり込んでるところや優しく描かれた影のところ。
私は、絵の勉強はしていないので、ちゃんとしたこと言えませんが、見えてる人って同じ方向の線で十分その形をあらわせるんだなって改めて思いました。

ここでいちばん心に残っているのは、絵の名前忘れちゃったけど、女の人が薄い布を腕に羽織って横向いてる絵のデッサンバージョン。
顔の輪郭にそって力強い青い線、薄い布を描いてるのに全く勢いの落ちない布の線。
彼のデッサンの美しさにすっかり入り込んでいました。

二つ目の部屋はほぼ油。
パレットに書かれた自画像とかもあり。。。
ってちょっとした休憩スポットにジャコメッティが!!!!
こんなとこで出会えるなんて―――!!! ディエゴの彫像。いつもここにいるの??
ありえない出会いにテンションが異常に上がる!!
その休憩スポットはガラス張りの6角形の部屋で、円柱が2本あり、その柱と正三角形の位置にジャコメッティの像。やっぱりジャコメッティは壁の中じゃなくて外との対比がいいよね。だって、見えているものと現実との間を追及してたんだもの。
ま、ジャコメッティは置いといて。

鴨居玲の部屋に戻り、まず、「廃兵」。
これには体が動かなくなった。
彼の顔もそうだけど、服の部分の色の深さ。今も思い出すと、キーボード打つ手がなかなか動かなくなる。
その隣には、それに続く絵「私の話を聞いてくれ」。
やっぱり本物はすごい。(今更?)
その人物(鴨居玲なのかな?)の絵から出ている、声にならない声が別の次元を生んで私を包むような感じ。
そして、「おっかさん」。
いつでもどこでも親子の関係って一緒ですね。
それから「勲章」
これ大好き!!ひにくれてて。鴨居玲って人を外面も内面もあらわす絵だと思います。
彼の人間を見る洞察眼はすごいです。
などなど。。。
鬱病になったから彼の作品に共感するのかな??
レビュー書くの疲れました。

あと、教会シリーズの一枚があったり、未完の作品があったり。
未完の作品を見れたのはすごくうれしいです。
今回の展覧会は作品数が少なめだったので、とりあえず、2周しました。

ほんと自分のボキャブラリーのなさが恥ずかしい。。。とりあえず、百聞は一見にしかずです。

笠間日動美術館には常設展にたくさんいい作品があるんですね。
シャガール、ミロ、ゴッホ、ピカソ、モディリアニ、ルノアールなどの作品がいっぱいです。
しかも、私は若いころや試行錯誤しているころのものってすごいエネルギーを感じて好きなんです。そういう作品がたくさんあって、とても素敵な美術館でした。
もっと健康になったら何度でも、もちろん電車で、行きたいと思っています。
すばらしい絵だね
今まで知らなかった。。。

とっても惹かれる絵

きっと実際見ると
優しい絵のなのかもしれないなぁと思った
なんとなくだけど。。。

確かに百聞は、、、だけど
もっと詳しい感想が聞きたいなと思います
(あ、無理はしなくてよい)

ゴッホもルノアールもシャガールも好き

美術館大好き

自分なりに感じたり
能書きよんで納得したり
友達と行って意見を交換したり

すっごい抽象的な批判しかできないけど
「なんかさみしい」とか
「玄関に飾るならこれ」とか笑

今度ルノアール展行ってきます
ルノアールはまさに家に飾りたい絵
とっても愛を感じるし、
かといって、ストイックさも感じるから
とってもいいよね
[ 2008/02/19 03:31 ] 雲 [ 編集 ]
んー。鴨居玲はやさしい感じっていうより人間の本質っていうか、絵にすごみを感じるかな。

私は美術館は一人で楽しみたい派だから、お母さんのおしゃべりとめるの大変だった。
自分だけが感じたものを大事にしたくて。
だから、資料とか本とかもあんまり読まない。てか、活字が苦手すぎるんだけど。。。

ルノアール展いいね。親子の展覧会ってなかなか無いよね。
[ 2008/02/19 13:54 ] rucchi [ 編集 ]
やっぱり見てのとおり
実物もすごみのある絵なんだね
一回見てみたいな

[ 2008/02/19 15:54 ] 雲 [ 編集 ]
コメント














管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。